男女

治療方法を知る

小学生の間で増えている鬱病ですが、鬱病を発症したら治療を進めていかなくてはいけません。学校を無理していかせることなく治療に専念させましょう。薬物治療についても理解しておくべきです。

詳しく見る

勉強

性格を把握しておく

欝病になりやすい性格というものがあります。それは、遺伝だけが原因ではありません。鬱病になりやすいのは生真面目な人が多いです。もし、小学生のお子様がいる場合、お子様の性格と鬱病になりやすい性格を照らし合わせてみましょう。

詳しく見る

授業

ストレスとの関係性

小学生でもストレスを感じて、鬱病を発症させてしまうことが多いようです。このストレスを鬱病には大きな関係があります。ストレスには自律神経の乱れさせる作用があるので注意しましょう。

詳しく見る

男の子

正しい治療法

欝病の症状を緩和させる為には、正しい治療を受ける必要があります。休養や睡眠をしっかりとって、理学療法士の治療を受けましょう。これは、小学生の鬱病患者に対しても言えることです。

詳しく見る

女の子

環境改善をしよう

鬱病はいくつかの治療方法によって、アプローチしていきます。もし、鬱病になっている原因が分からないと言う場合には、カウンセラーに相談するのも一つの手です。また、小学生の鬱病患者にも言えることですが、規則正しい生活をして休養を十分に摂ることも鬱病緩和には効果的です。

詳しく見る

なぜうつ病になるのか

勉強

うつ病とは

うつ病は年々増え続けている病気で、今では70万人を超えています。また治療の上、一時的に治ったとしても再度うつ病を発症する場合もあり、「生涯でうつ病を経験したことがある」というアンケートでも16人に1人いるという結果がでており身近な病気になります。また、うつ病は脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると考えられおり、気力で解決できるものではありません。うつ病は、治療が必要な病気で、うつ病の症状には、抑うつ気分、興味または喜びの喪失、意欲の低下・おっくう感などの「こころの症状」があります。しかし、うつ病はこころだけではなく、いろいろな「からだの症状」があらわれることもわかっています。 こころの症状ではゆううつ、悲しい、希望がない、気落ちする・落ち込むなどの「抑うつ気分」や怖くなったり、焦ったり、イライラしたりする「不安症状の併存・重症の焦燥」や「遠くへ行きたい・消えてしまいたい」など気持ちの悪循環が、このような気持ちを生み出します。また好きだったことをしても楽しめない、やる気が出ないなど「興味または喜びの喪失」や、疲れやだるさを感じることも多く、何かをするときにも普段より時間がかかってしまう「意欲の低下・おっくう感」、考え方にゆがみが生じて自分のせいだと感じてしまう「過剰・不適切な罪悪感」、会話や本などの内容が頭に入ってこないことがあったりなどの症状が出てきます。からだの症状では、なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまう、早朝に起きてしまう、眠りが浅くなるなどの「睡眠障害」、食べ物を食べていても味気がなく、おいしいと感じられなくなる「食欲の減退」、うつ病患者の半数以上でみられる「疲労感・倦怠感」、動悸・息苦しさ・口が渇くといった症状、頭が痛い・重い、首筋や肩がこる、背中や胸が痛い、関節が痛いなど健康な人よりも頭の内部の痛みが多く、痛みの程度も強かったという報告もあります。最近では、仕事でストレスを感じやすい社会人だけでなく、学生のうつ病患者も増えています。小学生などの幼い年代の欝病患者が増えていることも事実です。家庭に小学性のお子様がいる場合、いつもと様子がおかしければ、欝病の症状が出ていないか確認してみましょう。

Copyright© 2019 要注意!小学生の鬱病【ココロが疲れている人が急増中!】 All Rights Reserved.