治療方法を知る

男女

うつ病の治療

小学生で欝病になってしまったら改善するために治療を行わなければなりません。原因が断定できない場合の治療法は長期的な休養を取る方法です。「責任感の強い子ほど、うつ病になりやすい」とよくいわれています。そのようなタイプの子は、鬱病の原因になっている事柄から思い切って当分の間離れないと、うつ病はよくなりません。そのため学校を休んだり、入院するなどして日常のストレスから完全に解放されることで生活リズムの根本的な見直しをはかり、うつ病を快方に向かわせる方法です。いつまで休んだら良いかという判断はドクターに相談し、アドバイスを受けましょう。うつ病を改善させるための治療法として投薬による治療もオススメです。投薬治療を行う場合は心療内科などで受診しなければなりませんが、受診することでうつ病の原因も調べてもらうことができるので、うつ病かもしれないという段階からでもいいので受診してみましょう。うつ病専門の薬の投与は、うつ病治療の代表的な方法です。ほとんどの場合、数種類の薬を同時に服用し、その期間も長期にわたります。よく使われる薬としては抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。抗うつ薬はうつ病専用の薬の中核をなすもので、脳の中にある物質の作用を強化する役割を果たします。 抑うつ気分や不安感・焦燥感を解消させる働きを持つほか、意欲や物事に対しての好奇心を喚起する働きを持ちます。抗不安薬は名前にあるように、不安を静める作用を持つ薬です。特に不安感・焦燥感が強い場合に処方されます。睡眠薬はいつまでも寝付けない場合や、すぐに眠りから覚めてしまう場合に処方されます。ほかにも症状に合わせてさまざまな薬を組み合わせます。効果が出るまで時間がかかるほか、医師の指示があるまで服用を続ける必要があるといったデメリットがあります。また平衡感覚の欠如や脱力感といった副作用が出ることもあるので覚えておきましょう。

Copyright© 2019 要注意!小学生の鬱病【ココロが疲れている人が急増中!】 All Rights Reserved.