性格を把握しておく

勉強

どんな性格が危険

人間にはその人独自の「性格」が存在します。「遺伝」や、胎児・幼少期から現在に至るまでのさまざまな「経験」によって作られていくのですが、その中にはうつ病の原因になりやすい性格も存在します。うつ病の原因になりやすい性格には大きく分けて「循環気質」「執着気質」「メランコリー親和型気質」の3つあります。まず「循環気質」ですが、循環気質における典型的な特徴は、「気分の浮き沈みが激しい」性格です。ちょっとした物事に感情を左右されやすく、良いことがあれば喜びを爆発させる一方で、ちょっとしたことで不機嫌になったりキレやすくもあり、また些細なことで深く落ち込みます。また気分の落ち込みが原因となり、大きく生活に支障をきたすレベルとなったときに精神科や心療内科などを受診した場合、うつ病と診断されるケースが多いです。次に「物事に熱中し燃え尽きる」性格です。循環気質の人は、物事に強く熱中をすることが多く見られます。睡眠時間や仕事など、自分の生活を犠牲にしてまで一つのことに取り組もうとすることもあります。この熱中状態はいつまでも続くものではなく、それが上手く行った場合にもダメだった場合にも、やがてその情熱は燃え尽きていきます。この燃え尽き状態による気分の落ち込みがうつ病の原因になり診断されるということがあります。 次にうつ病の原因になりやすい性格といわれている「執着気質」ですが、執着気質の大雑把な特徴としては、生真面目で物事に熱中しやすく、曖昧なことや大雑把なことを嫌います。また、自分にも他人に対しても厳しく接する傾向があります。中でも「生真面目」な性格の人が多い傾向があります。自分自身に対して特定の「ルール」を課しており、それを忠実に守ろうとし、ときにはそのマイルールを周囲の他者に対して押し付けようとすることがあり、冗談を言うことをあまり好まず、ユーモアなどもあまり理解しない傾向もあります。また「プライドが高い」という性格も執着気質の人として、うつ病の原因になりやすいです。プライドの高さ故に他者からの批判に対して弱いため、自分のやっていることに他人から批判をされると大きく落ち込み、そのまま抑うつ状態となってしまう原因となります。さらに近年急増している、プライドが高いなどの傾向を持つとされる「新型うつ病」に関しても執着気質的な性格の持ち主が多いと言われています。 最後にうつ病の原因になりやすい性格といわれている「メランコリー親和型気質」ですが、大まかな特徴としては、保守的でありルールを重んじ、責任感が強く仕事熱心、などが挙げられます。こうして見るとメランコリー親和型気質は執着気質とほとんど同じように思われるかもしれません。事実、この両者はかなり似通っている場合もあります。メランコリー親和型気質の特徴として第一に挙げられるのが「自意識過剰」な性格です。この気質の人は周囲の人々に振り回されることが多い傾向があります。ではなぜ他人に振り回されてしまうのかというと、それは「確固とした自己を持っていないから」です。確固とした自己を持っていないが故に自分に自信がなく、常に周囲から自分がどう見られているのかを気にします。それが「自意識過剰」という状態です。自意識過剰な人は当然ながら日常生活の中でストレスを蓄積させやすく、それが原因となってうつ病を発症していきます。最近では、小学生の鬱病患者も増えているので、お子様の性格などをチェックしておくのも良いでしょう。

Copyright© 2019 要注意!小学生の鬱病【ココロが疲れている人が急増中!】 All Rights Reserved.