ストレスとの関係性

授業

欝病の原因

最近では、鬱病を抱えている小学生がおおくなっていますが、欝病になってしまうのは何が原因なのかと調べてみると多くがストレスによるものだと言われています。また原因となっているうつ病のストレスには大きく分けて4種類に分類されます。精神的ストレス、構造的ストレス、化学的ストレス、温度と湿度のストレスです。精神的ストレスは、みなさんが一番ストレスとして実感しやすいものです。人間関係など、基本的に「嫌だなぁ」と思うことが精神的ストレスに入ります。多くの方が、ストレスというと、この精神的ストレスのみが原因と考えてしまうことでうつ病を悪化させてしまうことがよくあります。次に原因となっているうつ病の構造的ストレスは、主に体のゆがみを指します。体がゆがんでいると、そのゆがみの情報は確実に脳に伝わり、あなたが意識しているかしていないかに関わらず、脳はストレスを感じます。うつ病の原因に関係する体のゆがみは、主に、頭蓋骨・あご・全身の筋肉・背骨・骨盤などがそれに当たります。頭蓋骨がゆがむのかと思う方もいるでしょうが、うつ病には頭蓋骨がゆがんでいる方がとても多いのです。他にも、全身の膜組織(まくそしき)といわれる内臓や脳などを支えている布のような組織もゆがみます。やはりこれらの情報も脳に伝わり、脳がストレスを感じてしまいます。次に原因となっているうつ病の化学的ストレスは、主に栄養素を指します。ある栄養素が過剰であったり不足であったりしても、その情報が脳に伝わりストレスを感じてしまいます。もちろんうつ病になりにくい栄養素もありますのでどんな栄養素が効果的なのかも確認しておくことをオススメします。次に原因となっているうつ病の温度と湿度のストレスですが、寒すぎたり暑すぎたりすることがストレスになってしまいます。更に、気圧などの変化もストレスになりますので、天気が悪いのもこのストレスに入ります。快適に過ごせる環境を作ることで予防することができますので心掛けておきましょう。なぜストレスがあるとうつ病になってしまうのかと言うと、自律神経が乱てしまうことが原因として証明されています。自律神経の乱れがストレスとなり無意識のうちに「生命の危機」として捉えてしまい解決できないことでうつ病へとなっていきます。

Copyright© 2019 要注意!小学生の鬱病【ココロが疲れている人が急増中!】 All Rights Reserved.